fbpx

子供に手話を教えた結果…

 

はいさい♪藤乃です。

 

今日は、手話を学んでいてよかったな〜と育児を通して感じた時のお話です。

 


私には娘が2人います。

 

 

娘2人には、できる限り色々な言語を学んでほしいと思っていたので
生後直ぐに【日本語】【手話】【英語】
色々と反応をみながら話しかけていました。

 

面白いことに0〜1才の頃の娘たちは、
英語や日本語より、手話での伝達が多かったと思います

 

 

  • ●ベビー煎餅をおねだりするときは
    「ちょうだい」の手話

  • ●お腹が空いたら
    「食べる」の手話(“マンマ”と言いながら)

  • ●食事をすると
    「美味しい」の手話

上手く発音出来ない分、

手話で伝える方がダイレクトに伝わると
子供ながらに理解していたのでしょうか。

それを見て凄いね〜!!!♪と、親が大興奮していたので、
ますます手話を使う機会が増えたのもあるかと思います。笑

 

 

ガラス越しでの会話を楽しむ

 

そんな娘2人が手話を意識し始めたのは4、5才の頃です。

親子共に「手話だから出来るコミュニケーションである」と
実感した出来事が次々と起きました。

 

 

というように、

音声言語では限界がある場所でも、手話では自由に意思疎通ができるのです。

 

 

これも手話の魅力のひとつですよね。
これからも思いっきり手話での会話を深めたいと思っています♪

ぜひ、あなたも手話がもたらす新たな発見を実感して見てください♪

 

 

◆➖◇➖◆➖◇➖◆➖◇➖◆➖◇➖◆
|【公式サイト】
| https://www.deaf-links.com 
|【LINE】
https://line.me/R/ti/p/%40qio7315i
|【Facebook】
https://www.facebook.com/profile.php?id=100016491180941
|【Youtube】
https://youtu.be/NXT4orKyZrw


0 0 vote
Article Rating
タイトル
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments