遠く離れても手話会話〜子供の運動会編〜

ハイサイ!藤乃です。

私は小学生の娘がいます。

小学校の運動会は2回目。
やはり幼稚園と規模が全く異なるのでまぁ〜探せない探せない。。
よ〜〜やく見つかったと思えばこんな感じ。

パパ

おい!!いたぞ!!あっちに居る〜!!
あ〜〜!!本当だ!おーーーい!!ま〜ちゃん〜!!!

パパ

お!気付いてくれた!!!!ま〜ち・ゃ・ん・が・ん・ば・っ・て・〜!!」

という感じで
どこの家庭でもあるように一生懸命“口パク”で伝えるんですよ。

そこで考えてください。

手話が話せたらどうなると思いますか?

 

手話が話せると運動会で感動が増す!伝わる!

 

そこで私はすぐに
上手!!すごく良い頑張って!!!!!!」と、
娘が分かる手話単語だけ並べて伝えたんです。
(ちなみにたったの3つの単語だけ)

 

すると・・

ものすごい笑顔で「うん!!頑張る!!!」って!!

 

もうね〜。本当に嬉しかったです。
10mくらいは離れていましたし、手話を教えていなかったら
気持ちを伝えるには口パクという手段しかなかったと思います。

手話とは…
耳の聞こえない人だけが話すのではなく
【言語】として日常的に使える言語だと実感しています♪


 

 

あなたも
この手話での会話をお子さんと楽しんでみませんか?

2秒で手話「〜したい」と話せるようになる動画をプレゼントします♪

◆手話学習者用のメールマガジン◆

https://deaf-links.com/syuwa-study/