fbpx

小学校での講演(手話と聞こえない世界を体験)

はいさい、藤乃です。

 

11月5日。
某小学校から講演会の依頼を頂きました。

 

実際に私自身もそうなのですが
私の生徒の多くの方が

「小学校で学んだ手話や手話歌が思い出に残っている。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
いつかは手話をしっかり学びたいと思っていた。」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


このような思い出を話してくださる方も多いです。

 

そんな事もあり、
小学校で「手話を学ぶ時間を設けること」に関しては
積極的に取り入れていきたい、という気持ちが強かったです。

 


(このツイートをしてから
半年で実現することが出来たのは本当に嬉しかったです)

ー講演会の様子ー

「手話とは?聞こえないとは?」をテーマに講演会を行いました。


聞こえない方にとって「口の形」を見せることの重要さを伝えるシーン

 


今日からすぐに習得できるような手話学習の方法でアプローチ


休憩中も子供たちからの質問の多さに感動しました。

 

そして今回の講演会で
何より一番大事だと感じていたことは・・・?

 

・手話をもっと学びたい
・聞こえない人に会ったら具体的に何をどうすれば良いのか

この部分をしっかり感じ取ってもらえるように
アプローチの仕方や工夫を加えて関心を関心を引き続けて貰えるように全力を出し切りました。

 

その結果・・
〜〜〜〜〜〜

 

涙が出るほど嬉しかったです。

将来、この子達がどのように
手話や聞こえない世界に携わるのか、どうなるのかも分からないけども

それでも、きっと

「小学校で学んだ手話や手話歌が思い出に残っている。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
いつかは手話をしっかり学びたいと思っていた。」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私の生徒がこのように伝えてくれたように
きっと誰かの記憶に残るものとなってほしいです。

 

そして改めて、このような機会をくださった先生方へ
大変感謝申し上げます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です